忍者ブログ

オルタメ

ヤバすぎる「朝礼」と「英語公用語化」をやってみた 動画



ロケットニュース24というニュースサイトの中でも、特にお勧めの動画です。
ニュースサイトを運営する事務所に、新入社員がやってきて始めての朝礼、そこで彼を待ち受けるドッキリの数々。
編集長、ライターさん各々、演技力が半端ないです。
そして皆さんキャラ濃いです。必見です!

このニュースサイトの記事を見ると、人から見ると何ともばかばかしいことを大真面目に追求する姿に、私はいつも、腹の底から笑わせてもらい、そして何故か「ありがとう~!」と感謝の気持ちで胸がいっぱいになります。何だか知らないけど元気をくれる、明日からまた頑張ろうと思えるサイトです。

そして、ただ面白いだけではないのです。
特に編集長であるGo羽鳥を筆頭に、彼らの書く文章が実に魅力的で、どんどん引き込まれていくのを感じます。
他の動画や、当サイトも要チェックです!
きっと皆さんも、彼らの虜になることでしょう。


PR

大阪弁と津軽弁のコラボが話題!青森県の紹介動画



地方である青森県を紹介している動画になります。
青森といえばりんごやねぶたのイメージが定着していますが、もっと深いとこまで発信しています。

特にユーチューバーの人がラップを担当していたり地元のおじさん、おばさん、高校生も参加しています。ラップも特徴があって津軽弁を使っています。ユーチューバーの人は関西弁でやっていてお互いに方言で歌ってるとこが面白いと感じます。

ツッコミどころがわからないとこも少しあります。でもみんな面白そうに地元を紹介していていいです。しかし、青森は津軽弁だけじゃなく南部弁もあるのに紹介しないのは残念でした。ほとんど紹介しているのは津軽地域のものばかりでした。

歌自体が面白いし何回か聴くと頭から離れないような感覚を覚えます。大阪弁と津軽弁のコラボはなかなかみることができないと思いますし、字幕付きだからみんなにわかるようになってます。

スマホを安く持ちたくて

長年ガラケーで事足りていたわたしですが、
去年あたりから人前で出すのがなんだか恥ずかしくなってきました。
かといって専業主婦の身です。
さらに貧乏性のため、お金をかげずにスマホを持ちたいと考えたわたしは
半年くらいかけて格安スマホやsimカードについて勉強しました。


ガラケーは無料通話があり便利な上に
わたしの機種は写真がキレイに撮れるタイプのため、
カメラとしても使い続けたかったので手放さないことにしました。
スマホはラインとゲームくらいのつもりで
データsimカードを契約することに決定。
といってもどこで契約したらいいのか、あまりにもたくさんありすぎて本当に悩みました。

まずは、MVNOの比較サイトをとにかくじっくり読みました。
中でも重視したのが、回線の速さと1GBで月々いくらかかるか、
信頼のおける会社かということです。
キャンペーンにつられて他社のプランで契約直前まで決めかけていましたが、
そのキャンペーンの影響もあって非常に繋がりにくい状態になっていると知り
慌てて検討し直した経緯があります。
その結果、DMMモバイルに決めました。
安定の回線速度と1GBの安さ、
さらにこの疎いわたしでも知っていたくらいの知名度のある会社という安心感が決め手となったのです。

機種は、安く揃えるために中古の白ロムにするか格安スマホにするかで迷いました。
これまたさんざん比較サイトを読み調べた結果、
不良や長く使えない不安のある白ロムではなく、
新品の格安スマホを購入することにしました。
価格も安く評判の良いASUSのzenfoneGOです。

子どもたちがゲームをしたがるのを想定し、少しでも大きいディスプレイの機種を選びました。
5.5インチのGOにしたのは正解だったと思います。
しかし、カメラの800万画素は正直がっかりしました。
撮影してみるとなんだかボケているような感じで納得がいかない写りとなることが多いのです。
この点はカメラ機能に優れたガラケーを駆使してカバーしていますが、
カメラ機能重視で選びたい方にはおすすめできない機種かもしれません。
ただ、2万円ほどで購入できる値段の安さは大変魅力的で、
人気機種というのも頷けます。

基本的に家では自宅のwifiをONにし、
子どもの習い事を待つ間や留守番をさせている時の出先でモバイルデータに切り替えています。
学校からの連絡はガラケーにかかってくるので
ちょっとした買い物の場合はスマホは家に置いたままです。
わたしの場合は1GBで十分満足できています。
いずれは通話simカードに契約変更してスマホ1台にする予定ですが、
その時もしっかり調べた上で契約しようと心に決めています。